“山本の助手の小松です”、改め、”山本の弟子の小松です”を名乗るようになった今日この頃。もちろん当人の許可なんざ受けちゃおりません。相手が笑顔でいる限りは何を言ってもいいと思っています、はい。

そんな私の師匠、画家の “山本水葱”先生、私と親しい人は、ふり仮名なしで、全員この名前をちゃんと読めます(笑)。どうです?読めますか?

正解は、”やまもと なぎ”です。可愛いでしょう?ネギじゃないですよ、ナギですよ。

この水葱先生も数点出展されるワンちゃんネコちゃんの絵画展(犬猫が描いたのではなく、犬猫を描いたんですよ、わかってるでしょうけど)【いぬ・ねこ展】が船橋東武で行われます。

ちなみに、宛名面の猫の方が水葱先生の作品ですよ、まぁなんてにゃんだふる!(もっと大きいサイズで見せていただきましたが、本当に可愛かったですよ!猫ちゃんのウトウト加減!)

新進気鋭の若手作家が様々なスタイルで描くわんことにゃんこが皆様を癒すべく可愛らしく待ち構えております。

ぜひ皆様お運びくださいね~~。

いぬ・ねこ展

5/9(木)~5/15(水)※最終日は午後4時まで

船橋 東武 5階5番地 美術画廊