ウェディングボードはよく目にしますが、みなさまはウェディングフラッグ(ウェディングバナー)ってご存知ですか?

花嫁が会場に入る前に、”お嫁さんが来るよ!(Here comes the bride)”とお知らせするために、フラッグキッズが持って回るフラッグ(orボード)です。
ボードにリボンを通して首にかけるスタイルのものは、持って歩く旗タイプよりも、落としたり踏んだり、チャンバラしたりの事故(?)が起こりにくいので、うんとちっちゃいお子様にも安心です。

実は私も、うちの生徒さんに聞くまでそういうものの存在を知らなかったんです。でもそれを聞いた瞬間、まぁなんて可愛くてロマンチックな〜(♡▽♡)とすっかり目がハート。
そしてその生徒さん(Uさんとしておきますね!とっても品が良くて綺麗な方ですよ〜)は、もうすぐお嬢さんの結婚式をハワイで迎えられるとのこと!!!!
こっ、これはチャンスですよね?これはチョークアートでウェディングバナーを描かないという選択肢はないですよね!?だって一生に1度のことですよ!晴れ姿ですよ!幸せのおともにチョークアートですよ!?
Uさんは、まだチョークアートを初めて3回目のレッスンくらいでしたが、そんなことは私の知ったこっちゃありません。(えっ!)
人間なんだってなせばなるもんです!(多分ね。頑張るのは私じゃないし。エヘ♪)
同じクラスの生徒さんと私がグルにな協力しあって、まだとても描けないのでは?と不安がるUさんをときふせにかかりました。

そしてまんまと、「頑張ってみます!」と前向きなお言葉を引き出せたので、いよいよウェディングフラッグに取り掛かります!
実は、まだチョークアートを始めたばかりで、あまり複雑な物を描き慣れてない上に、いろいろな要素の組み合わさるウェディングボードを”自分でデザイン”するというのは、おそらく皆さんが想像してらっしゃるよりも、何倍も大変なことなんです。(もちろん、やる気をなくすと困るので、描くと決めるまでは、そんなこと教えてあげませんとも(^^)うふふふふ)

とはいえ、私は愛のある鬼なので、いくつかレイアウトのアイデアを出して、それを叩き台にして、お嬢さんの好きそうなデザインを作り上げてもらいました。

Uさんは、もともととってもセンスの良い方だったので心配はしてませんでしたが、その出来上がったものと言ったら、もう・・・
こんなに可愛いくできちゃったの?!と感動ものの素晴らしさです。
カラフルで華やかなものが好きだというお嬢さんのためだけにお母様が愛を込めてデザインされたとってもカラフルなウェディングバナーです。
どうぞ皆さんじっくり見てください! 素敵でしょう!バナーの評判もとってもよく、笑顔に溢れたいいお式だったそうですよ!

Uさんがハワイから帰っての1回目のレッスンではもうその話を聞きほじるのに夢中です。
お土産にいただいたチョコをボリボリかじりながら、話を聞いて、お式の写真を見せてもらい、そのあまりの素敵さ、幸せに溢れた人々の笑顔をみて、何故か当事者以外の私たちが感動してボロボロと号泣しているという、一種異様な雰囲気でしたが、本当に幸せな気分にさせてもらいました(このブログを書いていてもまた思い出し涙が・・・女性はいくつになっても綺麗なお嫁さんを見ると幸せな気分になりますよね)。

こういうハートウォームな涙って流していても本当に気持ちいいですね♪砂漠のような乾いたハートに染み入ります(笑)
ご本人からのOKが出ているので、一部お顔は隠して他にも何枚かお写真を紹介させて頂きますね。

フラッグボーイ

あまりの美しさに涙が溢れます。
どうか末長くお幸せに!

余談ですが、このフラッグ以外に、リングピローやフラッグキッズのお衣装まで手作りされた素敵なお母様のUさんですが、「ハワイで挙式なので、正装がアロハやムームーで、荷物が少なくて済むんですよ〜^^」とおっしゃっていたのに、お嬢様からのご依頼で、日本の100円均一ショップのアイテムで鈴なりになってハワイにいかれたそうです。DA○SOの運び屋ですね!(笑)

Follow me!